事業主様向け事業・サービス

サービスの特徴・ご提供できる価値

要望が伝わらない、こんなはずじゃなかった」という経験をされたことはありませんか。

私たちはお客様のご要望を丁寧にお聞きし、提案力と対応力、これまで培ってきた技術力でお客様にとって価値ある建物をご提供します。

建物をあなたに

私たちは「心からよかったと思える建物をあなたに」をモットーに日々業務に誠心誠意取り組んでいます。

お客様に、実際に使ってみて心からよかったと思える建物、永く愛用していただける建物を手にしていただきたい。

お客様と一緒に建物を作っていきたい。

私たちは、ご要望をすべてお聞きしてお客様の立場に立って考えます。

ご要望を叶えるための方法は一つではありません。例えば、動線や家具の配置を工夫することで使い勝手を良くすることもできます。予算内に収まらないとあきらめることなく、プロの知恵を結集し、ご要望を実現するための最良のプランをご提案します。

設計にはBIMを活用し、建物を3次元化して視覚的に分かりやすく表現するため、情報共有がスムーズになります。

お客様とコミュニケーションをとりながら検討し、ご不明な点やご質問には明確にお答えします。

安心・信頼していただける設計をおこない、価値ある建物をご提供します。

当社オリジナルのサンプルモデル

私たちが解決できる課題

こんなお悩みはありませんか?

私たちが取り組んでいる設計手法

フロントローディング

これまでの建築プロセスでは、初期段階の設計で建物の概略を決め、仕上げや施工方法などの具体的な決定事項は施工段階で決めるのが一般的でした。

そのため、着工後に問題が発覚して、設計変更や工事のやり直しとなることが少なくありませんでした。

フロントローディングでは、設計の段階で施工方法を検討し、施工に関する具体的な事項を決定します。

設計の初期段階であれば、設計変更を繰り返しても、変更は容易ですが、後工程になるほど工事費への影響などリスクは大きくなります。

フロントローディングを行うことにより、施工の問題を未然に防ぐとともに品質の向上を図り、費用対効果に優れた高品質の建物を実現することが可能になります。

BIM( Building Information Modeling)

BIMとは、コンピューター上に作成した3次元の建物モデル(BIMモデル)に、企画・設計・施工・維持管理にかかる情報を追加して、その情報を建築プロセスにおいて活用します。
BIMを活用すれば、実際に建てる前に建物イメージを見ることができます。図面の場合は、見る人がそれぞれの頭の中でイメージを作りますが、BIMモデルを見れば、誰もが同じ建物イメージを共有することができます。事業主をはじめとする建築関係者間のコミュニケーションがスムーズになり、情報に基づく迅速な意思決定が可能になります。
また、BIMを活用すれば、効率的にフロントローディングを行うことができます。BIMモデルによるシミュレーションで施工の問題点が把握しやすくなり、設計段階で改善を図れるため、工事のやり直しなどの無駄なコストの発生を防ぐことができます。

また、シミュレーションを用いて社会的にニーズが高まっている環境に配慮した設計も可能になります。初期段階から情報を可視化することにより、コストと品質を把握しながら事業計画を進め、使いやすく管理しやすい建物を実現することができます。

建てる前に建てるマネジメント(dpc:digital pre-construction)

BIMを活用してフロントローディングを行うためには、事業主様をはじめとする建築関係者が協働できる仕組みが必要です。私たちは、従来の設計事務所の枠組みを超えて、建築関係者の間に立って必要な情報を適切な時期に共有できるようマネジメントします。建築関係者の生産性向上をはかり、お客様にご満足いただける建物をご提供できるよう努めてまいります。