ホーム > 業務内容

dpcのご紹介(dpcとは)

digital pre construction 「建てる前に建てる」のコンセプトから生まれた新たな施工アプローチ 「着工前にリアルな竣工モデルを確認出来たなら」「着工前に詳細な工事費の見積もりが出来たなら」 建築主の皆様の着工後の「こんなはずじゃなかった」は無くしたいとの強い思いから 弊社はdpcを開発してまいりました。
dpcを成立させるためには建築主の皆様のご理解と工事関係者の皆様の協力が必要不可欠です。
そのために弊社ではコンストラクションマネジャや各種設計部門のエンジニアを総動員して 建築主並びに多岐にわたる工事関係者の皆様とのコミュニケーションの充実を図り、 建物に関するアイディア/情報/データ/知恵/技術を集積しコンピュータ上に“建築“してまいります。
この施工アプローチをdpcと称しており、現在商標登録中です。
建築主の皆様には構想段階で建物のデザイン/性能/コストについて納得のいく比較検討ができるよう ご提案するとともに、施工事業者の皆様とは「建方」及び着工後に見込まれる「不具合」「納まり」 の確認を徹底し、着工後の無理/無駄/ムラの解消を図る事で建築プロセスの業務効率化を実現してまいります。

コンセプト

ブレンスタッフは、建築の設計・監理、構造設計、製作図・施工事業、測量事業およびこれらに関連する調査・マネジメント・コンサルティングを行う総合設計会社です。
現在は、新たなビジネスモデルであるICTを活用した弊社独自の設計マネジメントサービスである「dpc設計マネジメント」の構築と運用に取り組んでおります。
dpc設計マネジメントは、建築分野の先端的ICT・BIMを建設プロセス全行程で活用し、dpcをコア技術とするブレンスタッフ独自の建設生産プロセス改善プログラムです。
dpc(Digital Pre Construction:デジタル・プレコン:建てる前に建てる)とは、「コンピュータ上に建築する三次元竣工モデル」「完成度の高い設計図書」「精度の高い工事費積算概要書」の三点セットを着工前にご提供する弊社独自の技術サービスです。
dpcの最大の特長は、従来の建築工事につきものであった「無理」と「無駄」の解消です。着工前に、建物のデザイン・性能・コスト・工期に関するデジタル化された情報を工事関係者である建築主・設計者・施工事業者の三者間で共有することにより、着工後の手戻りや計画変更、設計変更等を極力回避します。さらに、dpc設計マネジメントは、新築・既存を問わず建物情報をデジタルデータ化することにより、建物のライフサイクルを考慮したトータルコストの適正化に貢献します。
多くの建築主の皆様に進化する建築のベストプラクティスをご提供いたします。

※BIM(Building Information Modeling): コンピュータ上に三次元建物モデル+建物情報(性能・コスト等)を構築し、発注者・設計者・施工者間の情報共有を深め建設プロジェクトを遂行する手法。

【dpc設計マネジメントによる業務】

【従来の業務】

業務内容

・建築の設計監理
建物の企画・調査・構想・計画
都市計画、構造計画、土地開発設計
意匠設計・監理(公共施設、事務所、医療施設、工場、商業施設、農業施設、福祉施設)
構造設計・監理
・土木の設計監理
測量・調査設計、土質・地質調査
・コンサルティング業務
コンストラクションマネジメント
建設コンサルティング(施工計画、施工設備および積算)
耐震診断、耐力度調査、大規模修繕・改修コンサルティング
補償コンサルティング(土地・物件調査)
BIM導入コンサルティング
・設計サポート業務
製作図作製(木造鉄骨・木造大断面)
設計図書作製(意匠図・構造図)
施工図作製(躯体施工図、仕上関係施工図、寺社仏閣設計図、木造大断面)
BIMモデル作製(意匠・構造・設備)

お電話からの
お問い合わせ
0235-24-5510